当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
投資・経済

将来的に移住・セミリタイアを検討している方々が、それまでの間の住居(不動産)を買うべきか、借りるべきか

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に大都市圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は不動産に関しての記事です。

一般的な不動産の売買というよりは、今後移住するかもしれない、またはセミリタイアするかもしれないといった方々向けに記載していますのでご留意ください。

不動産は買うべきか?借りるべきか?

不動産の本等を読んでいると不動産の購入の是非は皆様にとって永遠の課題のように思います。特に私のように将来的に移住したい、またはセミリタイアをして移住環境も変わるかもしれないといった方々は尚のこと不動産の購入に関しては悩ましいところでしょう。

我が家でも東京都市圏のマンションを購入した当初より移住、セミリタイアの希望があったわけですが購入を検討するにあたり熟慮を重ね、検討した期間も約1年以上。夫婦間での住まいに対する理想像から始まり、移住した際の賃貸または売却のし易さも調べました。

私は当初から一軒家が欲しかったのですが、将来的な賃貸・売却のし易さに負け、私の理想の家よりほど遠い駅近で新築のマンションを購入する運びとなりました。2013年の事です(2014年に新築マンション完成)。

2020年には移住・セミリタイアで築6年目のマンションを売却したのですが、土地の価格上昇等もあり数千万円の利益を得て不動産の購入としては成功したように思います。

将来的に移住またはセミリタイアする方にとっては賃貸のほうがリスクはありませんが、「理想の家」から離れ妥協する部分は妥協し不動産の流動性を優先的に考えられるようであれば、将来的に売却という前提で不動産購入という選択肢もありだと思います。

不動産を手放す際に利益がでるかどうかは経済状況や需給状況にもよりますので何とも言えませんが、少なくとも流動性があれば買い手または借り手はいますのでその点は安心材料にはなるでしょう。

マンション購入の際に注意した点

我が家は将来的に賃貸または売却の前提での不動産購入でしたが、その際に特に注意した点を挙げてみます。

駅近のマンション

我が家ではこれを一番の優先事項としていました。

購入物件は3駅使用ができそれぞれ徒歩2分、8分、9分程でサラリーマン生活としてはかなり交通の便が良く満足していました。一方で道路挟んで前にマンション、横にマンション、斜め前にマンションと景観はほぼコンクリートで、緑が生い茂った一軒家を考えていた私の理想の家とはほど遠い現実の家でした。

東京都市圏では徒歩5分以内のマンションの流動性は非常に高く徒歩10分を超えると賃貸・売却の際に苦労するかと思われます。駅から遠い小高い丘に建つマンションに比べ、駅近マンションは価格も高く、景観も良くないのが常ですがそこはグッと我慢して将来的に移動する方は駅近マンションを検討しましょう。

再開発でバブリーになっていないか

東京都市圏では再開発によって少し郊外の土地でもマンションを建てて強気の価格で販売をする地域が多々あります。

そういった土地に建つマンションは周りに素敵な商業施設もあり一見素敵に見えますが、土地価格が上がった時点での販売価格の可能性もあり、高値掴みになる可能性もあるので再開発地域でのマンション購入はやめておきましょう。

ハザードマップの確認

昨今地震や豪雨による自然災害のリスクが以前よりも増しており、ハザードマップは物件購入前に必ず確認をしましょう。

ゲリラ豪雨等による水災で浸水した再開発地区のマンションもありましたが、土手がある川近くはリスクもあるため避けておいたほうが良いでしょう。

地球温暖化でのゲリラ豪雨や台風の大型化はすでに常態化しつつあり、水災のリスクは高まっていると考えます。

近隣の商業施設と利便性

都市圏ではコンビニやミニスーパーが至る所にあるためあまり心配はないのですが、検討する物件近辺の商業施設と交通の利便性は売却の際にも有利に働きますので確認しておきましょう。

お子様がいる家庭ですと事前に小・中学校の雰囲気を確認しておいたほうが安心でしょう。

施工会社とディベロッパー

我が家では大手の施工会社のブランドマンションを購入しました。(優先事項ではありませんでしたが)

ブランドマンションですとマンションとは関係のない福利厚生(リロクラブ等)、またイベント事などもあり管理費用に上乗せされてそうですが、大手ならではの手厚い保証もあったりと安心材料にもなるためマンション購入の確認事項としておきました。

横浜の傾斜マンションも大手施工会社でニュース見た時は「えー!大手のマンションが…」と思いましたが、購入時の代金を保証してくれたようなので、やっぱりそこは大手だなと安心しました。

 

以上我が家でマンション購入の際に特に注意した確認事項ですが、人によっては他にも確認する事項が多々あるでしょう。我が家のように将来的に移住・セミリタイアを検討している方は参考にしてみてください。

結局のところ買うべきか?借りるべきか?はどっち

結局のところ将来的に移住またはセミリタイアする方々が不動産を購入したほうが良いのかというベストな答えは、各人の懐状況や購入場所によって異なりますが、仮に移住またはセミリタイアするまで5年~10年スパンで定住する方は購入を検討しても良いかと思います。

購入する不動産物件には賃貸にはない住居的なメリット(部屋が広い、設備が新しい等)も多く、生活する上で快適に過ごせるのは事実です。将来的に転売する際に多少損をしてもその快適さをお金で買うんだっ!というところで納得ができれば「不動産を買うべきか?借りるべきか?」という永遠に解決しない答えは出せそうです。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の不動産の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に不動産の売買を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。