当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
仕事

夫婦二人でのフリーランスについて

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は夫婦二人でのフリーランスに関しての記事です。

我が家では私より一足先に奥さんがフリーランスに転身、私はセミリタイアと同時にフリーランスに転身しました。今は朝から夫婦揃って自宅で働いており、目立った問題はありませんが一般的には夫婦二人でずっと家にいる事に懸念事項はあるようです。

フリーランスとは

以前の記事で個人事業主の記事を書きました。我が家では時と場合によって自分たちの職業を自営業や個人事業主、またフリーランスと使い分けています。

これらはまったく同意語ではないようですが、フリーランスとは企業や団体との雇用契約がなくクライアントに対してプロジェクト毎に契約を結ぶ形態で働いている方々を指すようです。

我々夫婦の場合はこれに加え個人事業主(法人設立をしていない)のため、フリーランスであり個人事業主であるという事のようです。

とはいえ私の場合はまだこれといって単発での仕事もしていないため、フリーランスと名乗るには時期尚早ではありますが、今後そのような仕事もやっていくだろうという事で早めに名乗っています。

夫婦でのフリーランスをやる事の2つの懸念事項

この間奥様のご友人の会に出席し、夫婦二人でフリーランスをやる事に対しての質問を受けました。実はこれらの質問は私がサラリーマンからフリーランスに転身し自宅で働く際に奥様も同様の懸念をされていた事項のようでした。

また合わせて奥様も他のフリーランス仲間から同様の質問は受けた事があるようで、男性はあまり気にしない部分かもしれませんが、女性にはありがちな悩みなのかもしれません。

自宅の中でどういった配置で働くか

自宅が狭かろうが、広かろうが若くてラブラブしていた時はともかく、結婚して数十年も経つとパートナーと言えど多少の距離間は必要になってくるでしょう。

狭い食卓で2人で仕事しても息がつまるし…。

という事で我が家では私が食卓(4人掛け)で仕事をし、奥様が書斎机(6人掛け)兼子供の勉強机でお互い振り向けば相手が見える位置にて日中仕事をしています。書斎とリビング・ダイニングの間には扉もなく奥様がカチャカチャと仕事をしているのもわかりますが、一般的な会社内での仕事よりお互いの距離間は遠く快適に働けています。

机の大小はともかく「夫婦二人で働く場合は2つ以上の机を用い、相手を背面に捉える」事が夫婦二人が自宅で働く上で重要でしょう。

毎日のランチ

奥様のご友人の質問で多かったのは、毎日私の奥様が私と合わせ二人分のランチを作っているか?という事でした。

コロナ禍で4月~5月にかけて在宅の夫婦も多かっただろうと思います。旦那だけならまだしも未就学児や小学校のお子様がいる家庭はこのランチを毎日決まった時間に献立を考えて作るというのがかなりストレスにもなった方もいるでしょう。

我が家の場合、ランチは特に当番制でもなく、気が向いた人(仕事に切りがついた人)が大体ランチ時に合わせ作っています。私自身は料理全般は趣味であり、毎日ランチを作っても特にストレスにもならないのですがその場に合わせランチを作ったり、作られたりしています。

料理を作れずどもパン屋にパンを買いに行ったり、その辺でランチを調達するなどもできるので、毎日のランチに関してはお互い公平にを意識してランチを準備すれば問題はないでしょう。お金と時間に余裕がある人は毎日カフェ巡りという手もあります。

仕事中はお互い黙々と作業をしていますので、毎日のランチ時は夫婦二人で会話できる良いチャンスだと捉えています。

夫婦二人でのフリーランスはリタイア後の生活の準備にもなる

今回のコロナ禍による在宅勤務で夫婦二人で部屋に籠って働く事でストレスを感じた方は相当数いたでしょう。

昔は「亭主元気で留守がいい」という言葉が流行った事があります。

その頃はリタイア後の亭主が日中家でゴロゴロし専業主婦だった奥様のストレスを貯めていた時代でもありました。※現在の退職する年代も同じかもしれません

現在は夫婦共働きになりそういった言葉も聞かなくなりましたが、上記の奥様のご友人の方々からの質問を考えると、「夫婦と言えど四六時中顔を見るのは結構しんどいよ」といったところが根本にあるのでしょう。

夫婦それぞれがサラリーマン生活から解放されリタイアした後は夫婦二人の時間が必然と多くなります。

その時のために若い時分から夫婦二人での過ごし方の研究と準備はしておいたほうが良いでしょう。私は夫婦二人でのフリーランス生活を通し、老後の夫婦の過ごし方も考えていきたいと思います。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。