当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
株主優待

株主優待で各地のお米をゲッツ!お米がもらえるおすすめ銘柄4選

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「株主優待で各地のお米をゲッツ!お米がもらえるおすすめ銘柄4選」です。

株主優待で調達する年間のお米はどのくらい?

日本人の主食であるお米。

日本国内では少子化や他国の食文化の広がりにより米の年間消費量は年々落ちてきています。しかしまだまだ家庭内での消費量は圧倒的に多く食費に占めるお米代の割合もバカになりません。

特に我が家のような子育て世帯においては子供の成長に合わせ米の消費量も増えていくため節約の意味でも米を株主優待にて調達する事は重要課題となっています。

年間の米の消費量は農林水産省のデータによると1人当たり57kg、家族4人だと最低220kg必要となり、我が家では今後数年かけてこれらを株主優待にて確保していこうという考えです。(※子供が小さい頃は年間160kg~180kg目安で良いと思います)

株主優待といえど食べるなら品質の良い米を選ぼう

株主優待でお米が貰えるなら何でも良いか!?と言われると人間贅沢なものでやはり品質の良いお米が良い。

お米といえば昔は新潟の南魚沼のコシヒカリが国内において最優米とされてきた時代があります。

現在は米どころも徐々に北上しつつあり、また長年にわたる米の品種改良の努力もあり山形のつや姫や北海道のゆめぴりかなどの高級米も市場にでています。

スーパーに行くとどうしても多少安価な地元産米になっちゃうんですが、実は魚沼のこしひかり含む上記のような優良米も株主優待でもらえるんです!!

各地のお米が株主優待でもらえるおすすめ4銘柄

私も一部保有する各地(今回は東北より)のお米がもらえるおすすめ銘柄を4選紹介します。

北海道米

【2402 アマナ】

北海道東川町の産地直送米が年に1回貰えます。

広告写真を企画、撮影写真データベースの販売やCG制作を手掛けている会社です。残念ながら業績はあまり芳しくなく、コロナウイルスの影響もあるため投資には注意が必要となっています。

【12月末】北海道東川町の産地直送米

100株以上 1年未満 2kg、1年以上 4kg、3年以上 6kg

東北米

【9051 センコン物流】

東北のお米が年に2回貰えます。

東北地盤の物流業者で農産物も扱いがあります。倉庫業、乗用車販売もやっており経営的にはしっかりとポートフォリオを組んだ事業を行っているようです。規模はまだまだ小さいながらも利益をしっかりと残してきており、経営状態は良好と言えそうです。

【3月末・9月末】東北のお米または特産品

500株以上 東北米5kg または 特産品2,300円相当
1,000株以上 東北米10kg または 特産品4,500円相当
5,000株以上 東北米10kg または 特産品10,000円相当
10,000株以上 東北米10kg または 特産品15,000円相当

新潟米

【7925 前沢化成工業】

新潟県産こしひかりが年に1回貰えます。

塩ビ製の上下水道関連商品が主力の事業を行っている会社です。よくホームセンターとかで見そうな水道の塩ビパイプ関連商品を製造、販売しているようです。経営状態は良く自己資本比率も80%以上と財務基盤は安定しているよう。上下水道は地味な銘柄ですが今後ゲリラ豪雨や台風等での間接的な需要も見込め、常に需要があるという点では投資しやすい銘柄だと思います。

【9月末】新潟県産新米こしひかり

100株以上 3kg

北陸米

【5757 CKサンエツ】

富山県産こしひかり 5kg(無洗米)が年に1回貰えます。

黄銅棒、黄銅線で国内首位のサンエツ金属が中核となっています。昨年までは比較的利益もでており配当金も上昇傾向だったのですが、新型コロナウイルスの煽りを受け直近の四半期の数字は悪かったようです。

【3月末】富山県産こしひかり無洗米 + 富山の名水2リットル

100株以上 5kg  + 2Lペットボトル水

お米は株主優待で調達を!

株主優待で貰えるお米は新潟より北が中心となりますがかなり質が高いものが多いのは事実です。

配送の時間指定はできませんが、毎年お米が届く時期も決まっており且つ配送業者が玄関に届けてくれるためスーパーからわざわざ購入して重い荷物を運ばなくても良いという点でもメリットを感じます。

いきなり家庭のお米すべてを株主優待で調達するのは難しいですが、少しづつ銘柄を増やしていきそれが家計の節約になれば投資をした甲斐があるというもの。

投資家とすれば投資した銘柄が値上がりすれば尚由というところでしょう。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。