当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
セミリタイア

セミリタイア後はフリーランス!を著者がおすすめする理由

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「セミリタイア後はフリーランス!を著者がおすすめする理由」についてです。

セミリタイア後のフリーランスについて

セミリタイア後のコンセプトとしては自由に適度に働くということで、私もそうですが少なからず経済活動をする必要があります。

これは金銭的にもそうですが、精神的にも何かしら社会的な活動をしているといった事はセミリタイア生活を続ける上で後々重要になってくるでしょう。

経済的な活動をするには収入があり、それに伴う経費というものがでてきます。サラリーマン時代は会社以外では経費というコンセプトはあまりないのですが、セミリタイア後はフリーランスになる事で売上に関連する支出は経費として落とせるようになります。

フリーランスになる手続きは書類2~3枚程度で簡単なので、セミリタイア後はとりあえず多少の収入を稼ぐ前提でフリーランスになる事をおすすめします。

セミリタイア後フリーランスになるための手続き いつ始める?

フリーランスになるにはとりあえず➀開業届が必須で合わせて➁青色申告承認申請書というものを最寄りの税務署へ提出します。

開業届

最寄りの税務署に個人事業主として開業届を提出します。開業日から1ヶ月以内に、最寄りの税務署宛に提出することが推奨されています。

私は退職の10日前の日付を開業日とししましたが、退職後の提出でも問題ないと思います。セミリタイア後に失業保険を受ける方は開業届をだすタイミングは要検討となりますのでこの点は注意したほうがよいでしょう。※ハローワークにて相談は可能なようです

この辺りの諸条件は保育園の状況、失業保険の状況、雇用保険の状況によって各々の環境が違うのでベストなタイミングを検討しておきましょう。

青色申告承認申請書

開業届と合わせて提出しておく書類に青色申告申請承認書というものがあります。開業初年度は開業後2カ月以内に提出する必要があるので注意しましょう。

開業届と合わせて提出もできるのでそちらをおすすめします。

複式簿記で記帳の上、貸借対照表・損益計算書を添付し確定申告(青色申告)をした場合は、最高65万円の控除を受けることができる等メリットがあります。

これによりセミリタイア後に年間20万以上を稼ぐ場合は課税所得がほぼゼロとなるので、節税対策としても有効な手段となるでしょう。

また株式投資をされている方でフリーランスの方は通信費・情報収集費用・新聞図書費・セミナー参加費等に限定されますが、申告方法によってこれらの支出を経費として計上が可能なようでこちらも節税になるでしょう。

健康保険と年金の切替

サラリーマンからフリーランスになるにあたり健康保険と厚生年金をそれぞれ切り替える必要があります。

健康保険は国民健康保険か会社の任意継続という制度が使え、よほどの低所得でない限り任意継続の方がメリットがあるので会社の健保組合へ問い合わせしておきましょう。

任意継続に関しては退職後2週間以内等また最大2年までの継続のルールを設けているところが多いため注意が必要です。

厚生年金から国民年金への切替は最寄りの年金事務所や区役所の年金係へ足を運びましょう。手続きの書類を貰えます。

こちらも早々に手続きしておいたほうが良いでしょう。

複式簿記記帳の準備

こちらに関してはマネーフォワード、フリー、弥生会計等様々なソフトがあり青色申告をするのに必要となります。売上、経費の件数が少ない方はエクセル等を駆使し手作業でも可能です。

ソフトを使用することで売上、経費の記帳からほぼ自動的に貸借対照表、損益計算書を含む青色申告に必要な書類が印刷できるので契約しておくのも良いと思います。

初年度無料等のキャンペーンを組んでいるソフト会社もあるので調査してみましょう。

時期は青色申告を始める前に作っておけばよいので、フリーランスになって多少収入の見込みがたてば契約しておいても良いと思います。

セミリタイア後にフリーランスをおすすめする理由(メリット)

私の場合は不労所得を除き労働の対価として当面は年間60万程を目指す事にしています。

私の場合このぐらいの金額を稼ぎ、フリーランスになっておく事で下記のメリットがあります。

フリーランスのメリット

1.税務上のメリット

2.子育て上のメリット

3.補助金申請のメリット

1.60万程を稼ぐと青色申告をする事で課税所得がゼロとなり、源泉されていた税金も戻りまた分離課税項目ではありますが株式投資等にてかかった経費も一部取り戻せる可能性もあります。

2.子育て中の家庭においてはフリーランスになる事で日中は保育園や幼稚園の延長保育も使用できるのでメリットはあるでしょう。

3.補助金を申請する機会はあまりないのですが、今回の持続化給付金等の申請はフリーランスになっておく事で条件が合えば申請は可能です。

2.3はともかく、フリーランスになる事でサラリーマン時代にはあまりなかった税務上の恩恵が得れるのはとても有難く、セミリタイア後のフリーランスになるのにおすすめする最大の理由はこの点だという事です。

セミリタイア後 フリーランスで何をやるか!?

最近はパソコン1台あればお金が稼げる時代で、フリーランスと言えどやる事には困りません。

私は開業届の事業として執筆業、インターネット業他と記載しています。

執筆業はその名の通りですが、インターネット業他はかなり範囲も広く私は今のところやっていませんがyoutuber等の仕事にも使えるでしょう。

また住む場所によっては雪かきや収穫等の季節労働、アイデアがある人は個人事業を法人化する事も可能なのでまずはフリーランスへ転身しておく事でその後の道は色々と模索できると思います。

セミリタイア後はフリーランスにて残りの人生を楽しみましょうっ!

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。