当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
仕事

ランサーズのライターの相場はいくら!?1文字1円の世界は正直厳しい!

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「ランサーズのライターの相場はいくら!?1文字1円の世界は正直厳しい」についてです。

著者は株式投資のクラウドソーシングのランサーズを通しライターという仕事をしています。正直なところライターと名乗れる程の技量はなく、まだまだ初心者の域を脱していないのですが、今回はランサーズでのライターの相場感について記載してみました。

ランサーズのライターの相場

私はセミリタイアをして今年の7月辺りからライター業務を少しやっています。

まだ2~3か月なので、正直なところ技量もレベルも初心者並み。

それでも文章を書く場所があるので、今のところ継続してやっています。

気になる相場はいくらかといえば1文字1円~2円程。これまで投資を中心にライフ関連、車関連の記事も書きましたが大体その程度の相場です。

1文字1円と見ると一般的には 「へー1文字で1円かー、意外と高いっ!」 という感覚ですが、私のような初心者には2,000文字を書くのも結構しんどい。そうなると1記事2,000円となり、結果 「安っ!」といった印象になるのです。

今の自分のライターの経験(2~3か月)を考えると不満ではありませんが、満足もしていないレベルといったところでしょう。

ランサーズのライターの相場と生活

ライターの知名度によっても変わりますが一般的なライターだと初心者レベルで1文字1円~3円中級者だと3円~15円辺りが相場のようです。

クラウドソーシングのランサーズでのライターの相場は平均1文字1円~2円が多く、3円以上になると少し専門性を問われる内容となっており比較的初心者向けになっているように思います。

1文字1円の世界ですと仮に毎日1記事2,000文字相当を書いたとしても1日2,000円、月で6万円と専業では生活ができないレベルです。1文字2円だとその倍。

今後私がライターとして稼ぎを上げていこうとすると必然的に専門性がある分野の執筆をするか、クラウドソーシングというサイトを迂回してのライター案件に応募するしかなさそうです。※クラウドソーシングで仲介手数料をとっているため、仲介を介さない分単価を上げてもらおうという考え

ランサーズのライター 副業としてはおすすめ

これまでランサーズのライターで1文字1円という事で、生活するには厳しいといった印象でした。

しかし専業だと厳しいランサーズのライターも副業だと立ち位置が一変します。それもそのはず、副業として初心者が簡単に数万円を稼げる案件がなかなかないからです。

著者もランサーズ3か月の経験を通して本業としてはライターはおすすめできませんが、副業であれば1文字1円でもライターをやってみる価値はあると思います。

長年ライターをやる事で知名度もつき、単価もあがる可能性は十分にあるでしょう。本業の収入は超える事がないとしても、結構いい線まで稼ぐ事はできるかもしれません。

私自身にも言い聞かせる必要のある言葉ですが、まずはライター初心者として自分の領域を作る事が必要だと考えています。

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。