当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
セミリタイア

30代のうちにやるべき4つのこと

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「30代のうちにやるべき4つのこと」です。

30代のうちにやるべきこと

30代というのは人生において大きなイベントが多くほほとんどの方にとって人生の転換期になる年代です。

結婚、出産、自宅の購入、転職と数年ごとに目まぐるしく生活環境が変わる事でしょう。

私も例外でなく、32歳で結婚し、35歳で長男出産、36歳に初めてのマンションを購入し、39歳で次男が誕生しました。

現在42歳となり、セミリタイアをし地方移住をしたわけですが、この2~3行の文章だけでも本当に目まぐるしく環境が変わったものだとわかります。

30代というのはほとんどの方がこういった目まぐるしく変わる環境の中を生きているわけで、今更ながらやっておけばよかったと思う事や、やっておいてよかったと思う事は多くあります。

著者の経験を元に30代のうちにやっておくべきことをシンプルに4つ挙げてみました。

30代のうちにやるべき4つのこと

海外での経験を積む

結婚、出産をすると海外に留学したり、仕事をしたりするのに躊躇する事があるでしょう。

私は20代の頃に10年程海外に留学、その後仕事をしていた事もあり海外という異文化の中で様々な経験をしてきました。

世界に目を向ける事で様々な角度から広い視野で物事を考える事ができるようになり、自身の経験値として生かされていると思います。

家族をもつとどうしてもこういった挑戦がしにくくなる部分もあるので、若い内に海外での経験を積んで今後のキャリアに生かしていきましょう。

本業でしっかり頑張る

副業がもてはやされる時代となりましたが、本業でしっかりできていない人は副業をしても中途半端に終わるでしょう。

30代というのは今後のキャリアを積むのに一番重要な時期といっても過言ではありません。

昇進すれば給与も上がり、将来的に働き続けるもよし、アーリーリタイアするもよしと人生の選択もできるようになるでしょう。

まずは本業にしっかりと取り組み、サラリーマンとしての最高の地位を得るべく邁進しましょう。

副業はそれからでも良いと考えます。

貯蓄を投資に回す

人生の中で子供が産まれる前のDINKSの時代が一番お金を貯めやすい期間となります。

この時期は共働き世帯だとある程度の給与を貯蓄に回す事が可能となります。我が家も例外でなく2~3年で1,000万円程を貯め一部は貯金に、一部はマンションの頭金として使いました。

今考えると余剰金を投資ではなく貯金にしたのは失敗でした。

30代というのはまだ若く失敗してもリカバーできる年代です。

余剰金は投資に回しましょう!

お金を得る事で10年後には違った人生の選択肢がみえてくるかもしれません。

子育てに時間を使う

仕事、投資と忙しい中で子供との時間を持つ事は非常にハードルが高いと思います。

私もセミリタイアした今は子供との時間をかなりとっていますが、サラリーマンの頃は奥さんにほぼまかせっきりで、名ばかりイクメンだったと思います。(※名ばかりイクメン=育児をやってるぞ的にアピールするお父さん)

子供も成長するにつれ、習い事や週末の野球、サッカー等で忙しくなります。そうなった時には時すでに遅し。

子供が幼い頃にしっかりと子供との時間をもちましょう。

30代のうちにやるべきこと まとめ

30代は家族も増え、自分以外の人を養っていく時期であり、人生で一番忙しい時期でしょう。

生活環境は変わり、多忙な日々を過ごす中あれこれと欲張り結局何もできず中途半端な形で30代を終わる事だけは避けましょう。

私も上記4つの項目では最後の育児以外は人並み以上には頑張れたと思っており、セミリタイアをし最後の4つ目を現在頑張っている最中です。

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。