当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
セミリタイア

【実例】セミリタイア、健康保険で任意継続を使うメリットとデメリット

2020年の5月にセミリタイア(FIRE)した まつやすTです。

本日は「【実例】セミリタイア、健康保険で任意継続を使うメリットとデメリット」についてです。

健康保険 任意継続とは

サラリーマン時代にはあまに気にかけていなかった健康保険。

いざ会社を離れてしまうと高額な健康保険料に驚きます。それもそのはず、健康保険料は会社勤めの場合は会社が半分、個人が半分となっており、半分は会社が負担してくれているのです。

またどんなに高給取りでも保険料の上限値も決まっており、収入が上がるにつれ増えていく税金とは異なりサラリーマン時代の健康保険は神制度なのです。

さて私のようにセミリタイアをしたり、会社勤めを辞めた場合健康保険に関して➀国民健康保険(国保)または➁任意継続(会社の保険を最大2年間継続する)のどちらかを選択する必要があります。

私は現在は任意継続を使用しているのですが、国保も検討したので実例を元に両者を比較してみました。

➀国民健康保険

国保に関しては公営のシステムであり、市区町村の健康保険課が窓口となっています。

国民健康保険料はお住まいの市区町村によって金額が異なり、また家族構成によっても金額が変わるためネットや窓口で確認するのが良いでしょう。私の住む札幌市については他市区町村より若干高い数字となっています。

国民年金保険料の額は前年度の年収を元に算出されるため、退職前の給与が高ければ膨大な額になるため注意が必要です。

私の場合ざっくりと試算したところ、国民健康保険料マックスの月額83,000円。

あまり病院もいかないのに年額100万円弱という法外な結果でした。

➁任意継続保険

任意継続保険は以前に勤務していた会社の健康保険を以下条件を満たせば使える制度です。

・退職後最大2年まで加入ができる

・退職前2か月以上の被保険者期間がある事

任意継続になっても保険の内容に関してはサラリーマン時代と変わらず継続中は健康保険組合の福利厚生や健康診断を使える点は馴染みがあり良い点です。

保険料に関しては健康保険組合によって異なるためリタイア前にこっそりと保険組合に電話、メール、または訪問して確認してみましょう。

国保同様に前年度の年収基準で保険料を算出する所もあれば、退職時の月額報酬基準による保険料算出、組合員の全平均をとる算出等あるので注意が必要となっています。

私の場合は幸運ながら組合員の全平均をとる算出方法により、サラリーマン時代より保険料がかなり下がりました。

また組合には扶養制度と概念があり一人分の保険料で扶養家族全員が保険に加入できます。

我が家では家族4人で月額35,000円程と安くはないのですが、国保と比べ月額5万円程の差額がでました。

健康保険 任意継続と国保のメリット・デメリット

下記にリタイア後の健康保険を選択する上での任意継続と国民健康保険のメリット・デメリットをまとめてみました。

任意継続 国民健康保険
メリット ・会社勤めの時と保険内容が変わらない

・基本2年間は料金が変わらず、途中脱退は自由にできる(良い意味で)

・扶養家族がある方は扶養制度が使える(一人分の保険料で家族全員保険に加入できる)

・リタイアしてしばらく経てば減額申請等もでき保険料はかなり安価になる(収入があまりない前提)

・低所得であれば保険料は組合の保険に比べ安価になる

デメリット ・組合が遠方だと健康診断等のサービスを受けずらい

退職の日から20日以内に申請をする必要がある

・2年間という制限つき、その後は国保へ移行

 

・退職前の年収が高いと保険料が法外に高くなる

・扶養家族という概念がなく、扶養家族がいる方は保険料が高くなる傾向がある

 

セミリタイア後の健康保険で任意継続を使う まとめ

セミリタイア後の健康保険も加入する組合によってかなりの金額の差が出る事がわかりました。

結果我が家の場合健康保険に関して2年間の任意継続を使いその後はセミリタイア後の低所得者として国保に切り替えるのが最良の方法となります。

会社の総務や人事を通して健康保険組合へ確認する場合は情報も間接的で、また任意継続に関しては会社はすでに関係なく自分と組合とのやり取りにもなります。

その場合の責任も自分に係るため自分自身にて情報の確認をしましょう。

セミリタイアライフという新しい船出でいきなりつまづかないよう、退職前にしっかりと情報を精査する事が重要です。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。