当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
セミリタイア

夫婦でセミリタイア 事前に考えておきたいこと

2020年の5月にセミリタイア(FIRE)した まつやすTです。

本日は「夫婦でセミリタイア 事前に考えておきたいことについてです。

夫婦でセミリタイア

最近SNS界隈ではセミリタイアを目指す若い方々の中で夫婦でセミリタイアを目指す方も相当数おられます。

たしかに子供ありなしに関わらず家族がいる場合でのセミリタイアの場合、夫婦共にセミリタイアをするというのは残りの人生を一緒に自由に過ごすという意味では理にかなっています。

我が家も私が昨年セミリタイアをし今年の5月で満1年を迎えますが、実は奥さんは2018年の春から個人事業主で働きつつも半ばセミリタイアのような自由に働く生活を送っています。

我が家の場合は計画的にそうしたというよりは2人の男子の子育てが限界を超え止む無くそのようになったのですが、段階的に夫婦でセミリタイアをできたというのは結果Okayだったと今は思います。

ここでは夫婦でセミリタイアした我が家の近況を元にセミリタイア以前に考えておきたい項目を記載してみました。

夫婦でセミリタイア 我が家の状況について

夫婦でのセミリタイアに関連する5項目について我が家の近況です。

仕事

我が家では夫婦でセミリタイアをしたといってもお互い開業届を税務署へ提出し個人事業主として仕事をしています。

現在の収入源としては私は主に株式投資の配当と売買益、奥さんは執筆業や企業への取材、執筆を通しての自治体のマーケティング等を行っています。

不労所得のみでセミリタイア生活を送る自身はあるにせよ、若干のリスクも伴いますので、夫婦でセミリタイアをする場合は不労所得以外の収入源を事前に確保した計画をしておくのが良いと思います。

セミリタイア前はお互いサラリーマンとしての安定的な収入がありましたが、セミリタイア後は安定的な収入というものは自分自身で作っていかないといけません。

仕事のやりがいという意味ではセミリタイア後は効率的にやった分だけ自分の収入に反映されるためサラリーマン時代よりは向上心は強くなったような気がします。

居場所

これは仕事にも関連しますが、日中の自分と奥さんの居場所を事前に考えておいたほうが良いでしょう。

夫婦共にセミリタイアするとただでさえ四六時中顔を合わせるのに、狭いダイニングの机で一緒に仕事をする事でかなり息苦しい空間になること間違いなしです。

最近はPC一台でも仕事や投資はできます。

狭いスペースでも良いので夫婦それぞれの居場所を用意しておいたほうが良いでしょう。

休暇

土日休日はサラリーマン時代と同様普通に休んでいます。

また平日も自由に働けるため、平日もたまに休んでリフレッシュしているというのが現状です。

小学生の長男も年に数回は平日の振替休日、また長期休みもあり子供達の休みに合わせ我々も休み家族での時間が持てたというのは夫婦でセミリタイアをする最大のメリットでした。

コロナ禍で旅行はあまり行けていませんが、今後は平日の旅行を検討できるのもgoodです。

家事・料理

子供がいると掃除、洗濯の頻度も独身時代に比べ数倍増えますが、家事に関しては夫婦イーヴンくらいでやっています。

料理に関してはサラリーマン時代は圧倒的に奥さんが作る頻度が高かったのですが、最近は昼、晩は私が作る事も多く奥さん3割、私7割くらいとなっています。

サラリーマン時代のつけもあるので特にこれで文句を言う事筋合いもないですが、セミリタイア後のお互いの不平等感を解消するため料理をしない方は料理は始めておいたほうが良いと思います。

朝、晩は子供達もいるので作らなければならない状況ですが、昼は夫婦二人なので以外と面倒なのです。

趣味

セミリタイアするに当たり趣味は絶対的にあったほうがよく、夫婦二人でできる趣味があればベターです。

我が家では春、夏、秋はキャンプ、カヌーやカヤック等のアウトドア、冬はスキーと自然を通しての遊びが趣味となっています。

今期は夫婦だけで何度かスキーにいきましたが、一人でやるよりも夫婦そろって行ける楽しさもあります。

夫婦別々の趣味を持つのも重要ですが、残りの人生をパートナーと楽しむための共通の趣味を作るとより一層夫婦でのセミリタイア生活を楽しめると思います。

夫婦でセミリタイア まとめ

夫婦でセミリタイアをするポイントです。

要点まとめ

・夫婦同時にセミリタイアをするよりはどちらかが先にセミリタイアをし不労所得以外の収入の土台をある程度固めておく

・夫婦共にセミリタイアした時の仕事をする場所はある程度決めておく。狭くても良いので別々の場所のほうが作業効率は良い

・お互い家事・料理に慣れていた方がセミリタイア後の不平等性は解消できる

・夫婦共通の趣味はセミリタイア後でも作れるが、事前にあればベター

夫婦でセミリタイアをすると四六時中奥さん、または旦那と時間を過ごす事になります。

これは定年後でも同様ですが、セミリタイアを考えている方々は30代~40代が多いため定年後の方々と比較すると夫婦で過ごす人生の時間は圧倒的に多くなります。

夫婦でセミリタイアをするには不仲でも仲良すぎでもなく、いかにパートナーと質の高い時間を過ごせるように事前に準備しておくかという事が重要なのです。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。