当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
投資・経済

株価アラートを使ったおすすめの銘柄監視法

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「株価アラートを使ったおすすめの銘柄監視法についてです。

株価アラートを使ったおすすめの銘柄監視とは

投資家たるもの3,600以上もある上場企業の中で有望な企業の銘柄をベストなタイミングで購入することは株式投資をする上で非常に重要となります。

会社四季報を読破し気になった銘柄に付箋をつけていくものの、監視銘柄が多くなればなるほど日々動く株価にはなかなかついていけず購入機会を逃してしまった!なんてこともしばしばあります。

私は今年で株式投資9年目ですが、株式投資における最大の失敗は大損したではなく、気になる銘柄が買えず機会損失を被ったこと

この機会損失を少なくするため株価アラートを使った銘柄の監視(実際はほぼほったらかし)を日々やっています。

マニュアルでの銘柄チェックと株価アラートを使った監視でも購入を逃す事はまだまだあるものの、この機能で救われてきた銘柄も多々あります。

今回は著者が長年使っているYahooファイナスアプリの株価アラートのおすすめの使い方を紹介しています。

Yahoo 株価アラート

私はYahooファイナンスのアプリで保有株の管理をしていますが、アプリ上には優待や配当、チャートの他、今回紹介する株価アラートの機能が付いています。

YahooIDを持っていればこれらの機能が無料で使え、YahooIDを通してスマホとPCで同期できるため自宅でも外出先でも使える機能を有しており運用資産の大小にかかわらずかなり使えるアプリです。

株価アラートのアプリを検討する際に一番重要なのがスマートフォンのプッシュ通知を備えているかどうか。

Gmail等に通知がきてもタイムリーに見れないのですが、スマートフォンのプッシュ通知であれば見逃しにくく、ほぼタイムリーに情報を受け取れるため株価アラートに関してはプッシュ通知を前提として考慮したほうがよいでしょう。

Yahoo株価アラートに関しては勿論プッシュ通知機能付きです。

Yahoo 株価アラートを実際に使ってみる

まずはYahooファイナスアプリをお手持ちのスマホにダウンロードしてYahooID(なければとりあえず作る)でアプリにログインしましょう。

適当な銘柄のコードや名前を検索で入れると下のような画面になりますが、赤枠が株価アラートのボタンとなります。

«出所:yahooファイナンスアプリ»

株価アラートを設定できる項目は合計7項目(指定高値/安値、値上がり/値下がり率、ストップ安/高、年初来高値/安値、ゴールデン/デッドクロス)となっていますが、長期投資において日常的に使えるのは指定安値であろうと思います。(※指定安値は指定価格以下になると通知がきます)

またこの画面では最下段の全体設定にいくとこれまでに自身が株価アラートに設定した銘柄一覧も見れるため定期的な見直しも簡易に行えるようになっています。

«出所:yahooファイナンスアプリ»

全体設定で重要な項目は最上段の通知を有効にする。これでプッシュ通知の有無が設定できますので、もれなくチェックしておきましょう。

«出所:yahooファイナンスアプリ»

ワッチ銘柄が指定した価格まで落ちてくるとこのような通知がスマホ上に届きます。

これで銘柄を購入してもよし、また再度下値を設定して待つもよし、価格の再設定も数字を変更するだけなので非常に楽に使えるアプリなのです。

ちなみに本日調整中であった学研HDの株を通知機能を使い奥様の優待目的のために購入しています。

株価アラートを使ったおすすめの銘柄監視 まとめ

今回は著者も実際に使っているYahooファイナスアプリの株価アラートについて記載しました。

プッシュ通知機能を備えた株価アラートができるアプリは証券会社でもありますが、Yahooファイナスのアプリの優秀なところは無料という点と実際の証券口座や銀行口座とは切り離されているため何かしら不具合があってもユーザーが痛手を受けにくいという点でしょう。

しかしメリットだらけのYahooファイナスのアプリですが株価通知に関して一点デメリットもあります。

無料版では株価通知が20分程遅れる事。

長期投資においては20分遅れたところで正直影響は受けないのですが、通知が届いて実際の価格を確認したところ通知価格より価格が上がっていたという事もよくあります。(※株価が下がっていることもあり)

まあ無料版を使わせていただいているという事でそのあたりは寛容さも大事かと。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。