当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
投資・経済

【台風銘柄】台風シーズン前には検討しておこう!

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「【台風銘柄】台風シーズン前には検討しておこう!についてです。

台風の発生数とシーズン

台風2号のニュースが突如でてきて、台風の到来を感じさせるシーズンがやってきました。

#待ちわびてないけど

私は九州出身なので台風ニュースには慣れていると言っても、最近は台風と合わせて豪雨の被害も各地ででており、九州だけでなく全国的にも注目されるニュースとなっています。

投資家としては自身の身の安全を守る事を念頭に起きつつ、台風シーズン到来前には該当銘柄への投資も考えなければならないという時期となっています。

本日は今後沖縄を通過しそうな台風2号のニュースもあったため、今期の台風銘柄をおさらいする目的として調査をしてみました。

まずは台風の年間発生数とシーズンです。

台風の年間発生数とシーズン

・直近の5年平均は年間平均26.8(ちなみに30年前の1970年代は年間平均26.7でした)

・台風の発生は早ければ1月から発生しており、ピークは7月~10月。

こう見ると発生数は地球温暖化でもあまり変わらず、ピークは昔から7月~10月のようです。

投資を検討する時期としては4月~6月、今時期は悪くないというところです。

台風銘柄 10選+α

では肝心の検討すべき銘柄です。

昨年7月に台風関連銘柄として注目を浴びた順番に10銘柄+αを記載しました。

尚これらの銘柄は台風や豪雨以外にも国土強靭化銘柄としても検討できると思います。

1743 コーアツ工業(九州)

九州地盤の橋梁工事中心の中堅の企業です。官公需要が8割程と多いのが特徴。

昨年の台風と九州豪雨関連銘柄としては株価の上げ幅が大きく、株価も堅調に推移しています。

5285 ヤマックス(九州)

コンクリート2次製品メーカーで九州最大手の企業です。

業績は比較的良く、株価もそこまで高くないといった印象。配当利回りも3%後半~4%台となっており長期投資としても検討できる銘柄です。

5万円台で購入できるため検討しやすい銘柄です。

5284 ヤマウ(九州)

ヤマックス同様九州地盤のコンクリート2次製品メーカーです。

こちらも業績は比較的良く2015年につけた高値を目指し中ですが、指標は各段に安いです。(業界的にも安いです)

5万円台で購入できるため検討しやすい銘柄です。

1730 麻生フォームクリート

麻生グループの企業で大臣の麻生氏とも関わりがある企業です。

九州の台風と豪雨を含めた自然災害の被害からの復興需要からか、直近3年の業績は良く株価も騰がってはいませんが底堅く推移しています。

こちらも6万円台での購入ができ検討しやすい銘柄となっています。

4669 ニッパンレンタル

関東地盤の土木、道路、建設機械のレンタルで中堅企業です。

九州地盤ではないですが、2018年、2020年の7月に株価が騰がっています(その後下がる)。

業績は良いのですが、現在株価が年高と手が出しづらいポジションです。

1771 日本乾溜工業(九州)

九州地盤の交通安全施設工事を主軸とする会社です。

福証銘柄で出来高が極めて低いのが難点ですが、業績は悪くなく株価も緩やかに騰がっています。

自然災害がプラスに働く企業か不明ですが、昨年は7月に結構騰がています。

3423 エスイー

建設用資材を製造販売する会社です。

売上は増加傾向ですが、利益はアップダウンもあり株価もここ4年程はフラットに推移しています。

現在の株価だと配当利回りが3.5%程あるため、配当目的での投資も検討でき2万円台での購入ができるため検討はし易いです。

1848 富士ピー・エス(九州)

九州地盤で橋梁、道路などを主力としたPC工法大手の会社です。

業績は良く、今期は大幅な増益予想がでています。株価水準も高いポジションでもなく5万円台での購入が可能なため著者も検討したい銘柄の一つです。

9月での株主優待も設定しているのも◎です。

1888 若築建設(九州)

北九州地盤の海上土木中堅の会社です。

業績は悪くないのですが、今期は大幅減益予想となっているため今後の見通しには注意要。利回りが高いのでカバーできそうな気もします。

7417 南陽(九州)

九州地盤の建設機械、産業機械の販売・レンタルを行う会社です。著者も現在保有中。

4/19付けに今期上方修正を行っており、株価は上昇中。

利回り、優待制度もあり保有しておいても悪くない銘柄だと思います。

その他銘柄 6件

・6542 FCホールディングス

・1443 技研HD

・4356 応用技術

・5287 イトーヨーギョー

・5279 日本興業

・6171 土木管理総合研究所

台風銘柄 まとめ

こうやってまとめてみると台風銘柄はほぼ九州地盤の会社に集約されてしまいその辺りは非常に興味深いところ。しかも地震などの災害と違い台風と豪雨は毎年被害が発生するといった構図になっています。

投資的な目線ではこれらの銘柄は購入タイミングが悪くなければ年に1回は株価が騰がり得る確率も高く検討はしておいたほうがよいだろうといったところ。

陰ながらこれらの企業に投資する事で災害地への間接的支援をし、個人としてキャピタルゲインを寄付する事が重要なのかもしれません。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。