当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
株主優待

【今から狙える!】6月の優待で著者がおすすめする銘柄

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「【今から狙える!】6月の優待で著者がおすすめする銘柄」を紹介したいと思います。

株主優待銘柄を買うにも買いタイミングが重要となってきます。高値で掴まないための今から狙える!です。

6月の優待

6月の優待は120件程であり4月、5月と優待が少ない期間に比べとグッとバラエティが増える月です。

また著者は保有していませんが、マクドナルドやすかいらーくといった優待の人気銘柄も6月となっており待ちわびている方々も多いでしょう。

このところ日経も若干下がりモードで怪しい雰囲気が続いています。

私も多少売り買いはしているものの、大きくは動けない…そういった雰囲気でございます。

そんな暗い雰囲気でも購入したい銘柄は検討すべきと考え、本日は6月の優待で検討可能な銘柄をピックアップしてみました。

6月の優待でおすすめする銘柄

藤久(9966)

手芸用品店「クラフトハートトーカイ」を全国で展開する会社です。

実はこの会社最近まで「継続企業の前提に関する重要な疑義」と呼ばれる不名誉な記載があったのですが、2020年6月期で4期ぶりの黒字となり不名誉な称号も外れています。

私自身手芸に全く興味はないのですが、ハンドメイドというキーワードはクリーマという企業が上場した通り意外と脚光を浴びており、またコロナ禍での引きこもり需要にはマッチしているという点から先日参戦しました。

不採算店舗を一層したからか、地味に月次が良い点にも注目しています。

6月/12月末100株以上保有でお買物券2,500円相当が貰えます。

株価 / 投資額 786円 (5/11終値) 最低投資価格 78,600円 / 100株
株主優待 お買物券2,500円相当(100株)
配当金 25円(予定)/1株
配当ポリシー
利回り 【配当利回り】3.2%  【優待利回り】6.3%  【総合利回り】9.5%

見た目は9.5%と驚異の利回りですが、手芸をしない方で優待券もメルカリ等で販売すると2,500円→1,400円となり利回り6.7%くらいに落ち着くでしょう。

前澤化成工業 (7925)

上下水道機材を製造している企業です。

以前は9月優待でお米を配っていましたが、今年の3月に変更となり6月/12月の年2回、プレミアムポイント制となりました。

業績はヨコヨコな感じで直近の株価は優待拡充により上がったため権利落ちの下落を狙ったほうが賢いような気がします。

6月/12月末権利日でプレミアムポイント3,000pt

株価 / 投資額 1,139円 (5/11終値) 最低投資価格 円 341,700/ 300株
株主優待 プレミアムポイント3,000円(300株)
配当金 35円(予定)/1株
配当ポリシー 1株30円を下限
利回り 【配当利回り】3.0% 【優待利回り】1.7%  【総合利回り4.8%

プレミアムポイントが実際は半分の価値と考えると実質利回りは4%程となりますが、株価もボックス圏内で動きにくいため1,000円前後で参戦できれば悪くない銘柄かと思います。

CARTA HOLDINGS(3688)

電通の子会社で広告配信のプラットフォーム事業を手掛ける企業です。

何社かが統合して現在の規模になっているようで、売上はここ4~5年は伸びず利益は上昇中。今期予想も悪くないようですが、若干の疑わしさはあります。

そのため株価もここ2年はボックス圏のような動きをしており今の水準から多少下がるようであれば検討できる銘柄だと思います。

6月/12月末権利日でデジタルギフト1,000円相当 ※3年以上もあり

株価 / 投資額 1,478円 (5/11終値) 最低投資価格 円 147,800/ 100株
株主優待 デジタルギフト1,000円相当(100株)
配当金 50円(予定)/1株
配当ポリシー
利回り 【配当利回り】3.4% 【優待利回り】1.3%  【総合利回り4.7%

デジタルギフトはAmazonギフトカードやAppStore&i Tunesコードにも変換できるようで使い勝手は良いと思います。

6月の優待 まとめ

今回は個人投資家でも比較的投資しやすい価格帯で、且つ買いのタイミングとしても検討可能な6月のおすすめ銘柄を3つ紹介しました。

あと数銘柄候補も挙げていましたが、まだまだ株価が高い銘柄も多くなかなか手が出せない状況です。

特に株主優待目的の投資に関しては最近は改悪や廃止も続いており高値掴みにならないよう注意が必要となっています。

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。