当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
セミリタイア

セミリタイア(FIRE)をして1年を終えた感想

2020年の5月にセミリタイアをし、同時に首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「セミリタイア(FIRE)をして1年を終えた感想」です。

セミリタイア(FIRE) 1年を終えて

昨年のゴールデンウィーク前にセミリタイアをし東京から札幌へ移動をしました。

この1年は特に仕事という仕事(労働)はせず当初は余った時間で色々と活動ができるだろうと思いつつも、実際は育児に追われ過ごした1年となりました。

セミリタイアをして一つの誤算はコロナウイルスの影響。

学校やその他施設が休校や閉鎖になりその分子供を持つ親の負担も相当増えました。

昨年の今頃も小学校、保育園や幼稚園は休校となっていましたが、今年も同様に同時期に次男は家庭保育になってしまっています。

#育児のしんどさ再認識中

今回は1年を終えたセミリタイア生活を通して生活の現状と今後の展開について考えてみました。

セミリタイアをする大きなきっかけは育児

私がセミリタイアをした理由として大きいのは2児の男子の育児です。

我が家では2児の男子を共働きで育てるのに限界を感じ、2018年に奥さんが先にリタイア、私がその2年後にセミリタイアをしました。

現在は長男が小学校2年、次男が年中となり次男の小学校入学までまだまだ手がかかる時期となっています。

子供の育児に関しては長男が小学校入学してグッと楽になった気もしますが、次男の保育園卒業まであと2年。

そうなると少なくともあと2~3年は育児主体の生活が続きそうです。

夫婦のキャリアはセミリタイアによって一旦中断した訳ですが、子供が一番手がかかる時期に夫婦共に100%子供と向き合う時間が作れるようになったという点ではこの1年のセミリタイア生活も意義のあったものだったと思います。

セミリタイア後のお金面は!?

セミリタイア後の生活は育児中心で意義のあるものになったのですが、一方でお金面ではどうだったか!?

残念ながら家計では若干のマイナスでした。

セミリタイア後の投資活動で、予定していたよりは銘柄が買えていない事実!

というのもコロナショック後の上げ相場が長期化し割安株がなかなか出てこなかったという状況が長く続きました。

#言い訳は得意技

最近は年初来安値の銘柄も目立ってきましたが、購入するには少し割高チック。まだまだ買えていないのです。

そういったわけで不労所得は想定の範囲内ですが、セミリタイア後の生活には不足しているといった現状です。

とはいえ、家計でみると昨年は奥様の収入がぼちぼちありました。

そのため私の不労所得不足分を補ってくれたという事実もあり、セミリタイア後の収支もそこまで悲観する内容ではなかったという結果となり。

パートナーの一人が不労所得以外の収入を持っていたのは非常に良かったです。

セミリタイア生活と今後の展開

セミリタイアをしたばかりで、次の仕事を考えるのも非常にアレですが、

あと2年もすると次男も小学校に入学し当初我が家のセミリタイアのきっかけとなった育児もこれまでのように手がかからなくなり育児としては次のフレーズに入ります。

子供だけが成長し、私もこのままではいかーん!と思い最近は今後の展開を考えています。

まずは自分のやりたい事をこの期間内に挑戦し不労所得含め生計を立てるのが当面の目標。

その後は多少地域貢献ができそうなバイトをする事も最近は考えているのです。

バイトもなかなかバラエティがあり、幼稚園バスの運転手や除雪、農作業、コープの宅配運転手などやりがいがありそうで、なさそうなバイト募集が山のようにありました。

2~3年後に本当にバイトするかどうかはともかく、今はブレインストーミング的(一人ですが)にアイデアを出し合う時期という事でしょう。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。