当ブログは「高利回り株主優待・配当での自己運用型401k戦略」と銘打ち、株式投資によって得られる企業からの還元(株主優待や配当金)を用い自己運用型401kで老後の暮らしをより安心・豊かにしようをコンセプトとしています。
投資・経済

株主優待と配当の利回りが「超高い」おすすめの銘柄

2020年の5月にセミリタイア、首都圏から地方都市へ移住した まつやすTです。

本日は「株主優待と配当の利回りが「超高い」おすすめの銘柄」です。

※2021年6月8日時点のレポ:情報等に関しては今後変更になる可能性があります。

株主優待と配当の利回りが高い銘柄への投資

株式投資の世界ではそもそも元本保証はされていませんが、株主優待と配当での株主還元という制度があり元本割れのリスクはあるものの、株主還元制度がある銘柄を保有しておけば定期的な還元を投資した銘柄から受ける事ができます。

もちろん配当や優待といった還元利率が高い方が投資家にとっては超魅力的なわけですが、企業の中には業績が悪化し株価下落のリスクがあったり、配当の減少、株主優待の廃止リスクがあったりと市況によっても左右されるため一概に高利回りの銘柄に投資をしても特をするかどうかは神のみぞ知るといったところです。

とはいえ安定的な還元を期待できる高利回りの銘柄は数年で投資元本を稼ぐ力もあり、今回は著者の保有する株主優待と配当の利回りが超高い銘柄を3つ紹介しています。

※人によっては超高利回りとならない点はご了承ください

株主優待と配当利回り、どのくらいが高いといえるか!

株主優待と配当利回りを合わせた数字でどのくらいが高いといえるか?

おそらく大体の方は4%以上 を落第点(利回りが高い)としているのではないかと思います。

著者のポートフォリオも一部キャピタルゲインを狙う銘柄で1%~3%でも走っているのを除き4%程度を目標にしていますが該当銘柄もかなり数があるのが実情です。

そんな中でも今回はS級ランク、利回りが8%以上の銘柄を下記にてpick upしてみました。

最大74%利回りです!

まつやすT
まつやすT
どうせゴミだろ、それ

株主優待と配当を合わせた利回りが高い銘柄 3選

株主優待と配当を合わせた総合利回りが高い銘柄で著者保有のおすすめを3選紹介します。

優待を受け取る人によっては「これ要らねー」という方もいるため、すべての人に当てはまるわけでもありませんが、使い方によっては脅威の利回りを実現できる銘柄もあるのです。

TOP1 : 4765 モーニングスター

投信等金融情報のデータ提供、評価等を行っているSBI系の会社です。

100株保有で一番利回りが高く株主還元は以下の通りとなっています。

6/7時点の終値 44,300円/100株
株主優待➀ 仮想通貨リップル(年4,847円 2021年期実績)
株主優待➁ 株式新聞6カ月クーポン 26,400円相当
配当金 1,600円/100株(2021年期実績)

この株主還元を単純に計算すると…なんとっ74%!

しかし株式新聞というマニアックな新聞に価値を見いだせない方々も沢山いるでしょう。私自身もこれまで株式新聞を毎日読んでいるという社会人を実世界では見たことがありません。

それでも安心してくださいっ

仮想通貨のリップル君と配当金でも14%超の利回り。

仮想通貨も貰い物なので基準値の評価による含み損はありますが、元本割れは起こりません。

それどころか今後の仮想通貨の爆騰も合わせて期待できるというスーパー高還元銘柄、それがモーニングスターでございます。

TOP2 : 8267 イオン

言わずとも知れた総合小売り大手で国内流通最大手の会社です。

100株保有で一番利回りが高く株主還元は以下の通りとなっています。

6/7時点の終値 300,400円/100株
株主優待➀ 半期100万円までのお買上額に対し3%キャッシュバック
配当金 3,600円/100株(2022年期予定)

仮に年間200万円イオンで食品、日用品を買うと3%のキャッシュバックで6万円。配当金と合わせると…なんと最大21%の利回りがだせます。

こんなにイオンで買わねーよ!という方は↓こちら

年間50万円使用でキャッシュバック15,000円。配当を合わせた利回りは6.2%。まあこれでもかなり高い利回りが実現できます。

イオン、まいばすけっとが近くにある方にはおすすめる銘柄です。

(私は移住によりイオンが多少遠くなりましたが、惰性で保有中です)

TOP3 : 3167 TOKAIホールディングス

東海地方をメインにLPGやCATV事業を行っています。

100株保有で一番利回りが高く株主還元は以下の通りとなっています。

6/7時点の終値 88,300円/100株
株主優待➀ Aコース:アクア商品
①富士の天然水さらり500mlボトル12本 または
②飲料水宅配サービスの12Lボトル1本
Bコース:QUOカード 500円
Cコース:フレンチレストラン「ヴォーシエル」1,000円お食事券
Dコース:グループ会員サービス「TLCポイント」1,000pt
Eコース:“LIBMO”月額割引(6か月間)2,100円相当

※上記は半期での試算なので、年間でx2

配当金 3,000円/100株(2022年期予定)

この中で注目は格安スマホのLIBMO(リブモ)です。

100株での保有でも年間4,200円程の割引があり配当金と合わせると利回りは8.1%

我が家は現在のところ夫婦で300株ずつ保有(計600株/世帯)しています。

Eコースの優待が今後も続くようであればスマホ料金が

現在のPovo:2,480円→LIBMO:530円/1人

になる予定で良い意味で家計へのインパクトも大きい銘柄となります。

株主優待と配当の利回りが高い銘柄

今回は6月現時点での株主優待と配当の利回りが高い3つの銘柄を紹介しました。

使い方によっては最大74%程の還元が貰える会社もあり、1年も保有しておけば元がとれる銘柄もありました。

還元が10%程の銘柄でも5年程保有しておけば仮に株価が現在の半分になっても実質損はしないためこういった銘柄は長期的に保有するのがおすすめです。

 

今日はここまで、アデュー!

ブログ村、ブログランキングにも参加しています。ポチっ↓と応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

セミリタイアランキング

【免責事項】

当ブログは著者自身の実際の経験に基づき情報を発信しているもので、セミリタイアまた実際の株式の売買の推奨をするものではありません。また記事内容は個人的な見解に基づくもので、正確性は保証できないのでご理解よろしくお願いします。実際に投資を行われる際には、ご自身の判断と責任にて行っていただくよう重ねてお願いいたします。